IT業界のエンジニアの多様さと転職

IT業界において、その専門知識や技術を駆使して働いているエンジニアには、担っている専門的な仕事によってその職場は数多く存在している。システム開発を担う職種は知名度が高いものの、その他にもデータベース、ネットワーク、インフラ等の様々な分野を専門とする人材がいることに加え、そういった専門を持ちながらサポートやセールスを担当する人材もいる。
システム開発やデータベース解析を担う場合には、オフィス勤務が基本となってソフト面での仕事に携わる現場となるのが典型的である。

一方、ネットワーク構築やインフラ管理を仕事とする場合には、実際にネットワークやインフラが構築されている現場でハード面を扱う仕事となるのが通常の仕事のあり方となる。サポートやセールスを担う人材の場合には技術力よりも知識が要求されるようになり、マーケティングを行ったり、顧客の求めに応じて保守の仕事に携わったりする。

このように、専門とする内容によってその職場のあり方や仕事の行われ方は多種多様となっている。
しかし、これらのエンジニアの仕事は情報技術を基礎としているという点で互いにつながりをもっているため、転職によって専門分野ごと変えてしまうこともできる。世の中のトレンドや需要、自分の興味や積んできた経験を基にすることによって、そのときに世の中で必要とされていてかつ自分が活躍可能な業界に転職するということがIT系のエンジニアには可能なのである。