エンジニアが歳を重ねて選ぶべき道

IT業界のエンジニアには、30歳の半ばから40歳にかけてひとつの転機が訪れる。
昔から、第一線で開発業務を行っているのは20代と30代が中心で、40代ではその数はかなり減り、50代では皆無に近くなるのが通例だ。
それでは、歳を重ねると彼らはどうなるのかというと、いくつかの道を選ぶことになる。

その中でも一番の王道は、プロジェクトマネージャーになることだ。
つまり、管理職として現場の部下を率いていくのである。サラリーマンとしてはごく普通の道だが、技術屋として生きてきた者にとっては、その仕事が苦痛に感じる者も少なくない。
しかも、現場を離れるから楽になるかと言えば決してそんなことはなく、プロジェクトが炎上した時などはその責任を一身に背負わなければならなくなり、かなりタフなメンタルが要求される。もっと気楽に生きたいというならば転職の道もあるだろう。その場合は、経歴を生かして社内SEやパソコン教室の講師など、比較的穏やかなペースで行える仕事を選ぶことになる。

そして、あくまでも技術屋としての自負を持つものは、フリーランスの道を選ぶこともできる。
厳しい道だが、卓越したスキルさえ持っていれば50歳や60歳になってもスーパーエンジニアとして活躍することが可能だ。いずれにしても、IT業界を目指すものは、やがてその岐路が自分にも訪れることを自覚し、若い内から具体的なキャリアパスを描いておくことが大切である。